シンキングボディ

自分が心から変わりたいと願ったとき、
あなたはどんなことをしますか?

  • 憧れの人物や状態を思い浮かべて努力する
  • 今までの自分とは違う自分になろうとする
  • 誓いを立てる

どれも素晴らしい方法です。

シンキングボディでは、変わりたいと願った自分の奥底にある情熱やエネルギーを洗い出し、変化の道筋を立てて探求します。
そうすることで、無理なく、自分自身に嘘をつかずに、本来の自分でありながら変化のプロセスをたどることができます。

そのためにシンキングボディでは自分の実体験を元にワークシートや対話、ゲームなどを通じて、考え方のプロセスを学んでいきます。

考え方のプロセス?

私たちは常に考えています。本当に小さなことから、人生についてまで、様々な場面、様々なときにおいてそうやって日々を過ごしています。

その時に自分の考えそのものを注意深く観察したりすることで、様々な事柄に違った見方をもたらします。

例えば、こんな例があります。

私は、昨日嫌な出来事があって、今日は気分が落ち込んでいます。今日は大事な大事な用事があるのですが、その出来事のせいでやる気がおきません。

嫌な出来事は避けることができず、自分が用心していても「あちらから」やってくることがあり、これ自体はどうしようもありません。

でも、今日の気分の落ち込みはどうでしょうか?
なぜ、今日も気分が落ち込んでいるのでしょうか?

それは、昨日の出来事が終わっても、その出来事を味わい続けるからです。
そのこと自体は自然なことで何も問題はありませんが、今日の大事な用事に挑むときに、気分を変えたいと思ったとします。
通常、そんな気分を端においておき、無理矢理気分を変えていくことが多いのではないでしょうか?

そのときにシンキングボディで学んだことが活躍します。自分の思考のプロセスを洗い出してみるのです。
言い換えれば、ワークシートやコーチの質問やヒントを頼りに、自分自身のエネルギーを取り戻すのです。

例えば、「嫌な出来事があったが、その出来事は自分にどんな気づきをもたらしただろうか?」「嫌な出来事があったがそれは自分自身の何を傷つけたのだろうか?」「私はその時どんな振る舞いをしていたのだろうか?」
など、慎重にそのときの状況を観察していきます。

このときに、自分自身が持つエネルギーに着目しながら観察することによって、自分自身が見つめる世界がガラリと変わり、洞察が生まれます。

その時、気分はどう変わるのでしょうか?
ひょっとしたら下のように変化しているかもしれません。

私は、昨日嫌な出来事があって、気分が落ち込みました。でも、私自身にとってベストを尽くしたうえでの失敗でした。今日は大事な大事な用事があるのですが、私は今日のベストを尽くして大事な用事に集中していこうと思います。

私は、昨日嫌な出来事があって、気分が落ち込みました。今日になっても時折出来事を思い出すので、気分が落ち込むが、その気分は私だけの大事な気持ちなので、それを大事にしながら、今日の用事をがんばろうと思っている。

私は、昨日嫌な出来事があったと感じていました。でも、それは私にとって大切な出来事を学ばせてもらった大切な出来事でした。今日は大事な大事な用事があるのですが、その出来事のおかげで少しばかり成長できた自分として関わっていけそうです。

などなどです。

スペシャルな自分

例文のように、答えは一つではありません。ワークを通じて自分自身をただ学んでいくだけです。でもそこには自分自身を大切に取り扱う「特別な私」を見出していけます。
それは、一人一人の人生に起こる様々な出来事に対して、ガラリと関わり方を変えていくことでしょう。
そうした「あなただけ」の特別な思考のプロセスを大切に扱っていくのがシンキングボディなのです。

シンキングボディを通じた探求を深く続けていくと、劇的な逆転のプロセスや巨大なエネルギーを持つ自分の「何か」をも見つけることができます。

変化する力

私たちは様々な出来事を普段体験します。嬉しい事、嫌なこと、楽しい事、悲しい事・・・
そのすべてを体験しながら、次の瞬間を迎えます。

例えば、朝目が覚めたとき、それまでの出来事を含みながら、新しい出来事を体験しているのです。
このことがもたらす変化する力はまさに「今を体験する」ということです。
そうやって日々を「他の誰か」になるのではなく「自分自身」として生きることはどれほどパワフルでしょうか?

「自分自身」として生きるということには、少なくとも「他の誰か」のようになるという無理がないのです。
さらに自分自身が持つ「自分だけのエネルギー」を背景に持ちながら日々を生きていくのです。

シンキングボディはワークを通じて「あなた自身」にその力があるということを大切に扱っていきます。

関連記事

  1. 「場」について

  2. クラスについて

  3. ボディシンキング

  4. アクティビティについて

  5. 新しい投稿の配信

  6. 自分を大切にする

  7. クラスの予定

その他の記事

  1. コラム

    質の良い食事のために
  2. コラム

    「こり」や「痛み」が改善しない謎を解き明かす
  3. コラム

    butではなくandで考える会話方法
  4. コラム

    賢者は言った。

おすすめの投稿

  1. コラム

アーカイブ

新着記事を購読しませんか?