鏡よ鏡、自分は何点?

自分自身に点数をつけるとしたら、あなたは何点を付けますか?
100点満点で評価します。

少しの時間を取り、自分へ点数をつけてみましょう。

採点結果

自己採点は何点だったでしょうか?

点数を付けたら、その点数になった理由を考えてみましょう。

多くの方が点数をつけるときに減点方式を採用しているようです。
自分の負の面、欠点、嫌いな所などが減点につながるようです。

でも、もしそれらがあるからこそ自分が構成されているのだとすれば、それは自分自身を減点する要素になるでしょうか?

それらを含めて自分を100点とすることはできるでしょうか?

人に見られる

モデルなどの職業に就く方は、仕事で写真を撮られる際などに、自分に高い点数をつけて臨むそうです。
少なくとも職場で自分に低い点数をつけていれば、仕事の場にはとても立てないでしょう。

あなたは人前で自分に100点をつけていることを話せるでしょうか?
自分に100点をつけることは実は勇気がいることでもあります。

採点結果が100点じゃなかったとき

自分の点数が100点ではなかったとき、少し次の質問を考えてみてください。

もしも自分が100点満点じゃなかったとしたら、そのマイナス部分を取り除くことで自分が完璧になるだろうか?

100点満点でマイナス点の部分は通常自分が除きたい要素のことが多いようです。
でも、その点数を本当に除いたならば、あなたは完璧になるのではなく、100点には決して届かなくなります。

例えば、70点とつけたなら、30点分除きたい要素があったことでしょう。
でも、その30点も含めて100点満点になるのですから、その30点分を取り除けば自分は70点満点で生活することになります。

それでもいい!
とにかくこの部分を除きたい!

そう思った方は、その部分が何を意味なすかをじっくり考えてみてください。
そこに自分自身の違った側面が見つけられるかもしれません。

はるか昔

人によって遡る時間は違いますが、はるか昔、あなたは自分自身に評価などつけていませんでした。
ただ笑い、ただ泣き、ただ怒って、ただただそのままでいたのです。

成長するにしたがって、私たちは少しずつ調和を学んでいたはずが、いつの間にか自分にも他人にも評価をつけるようになったのかもしれません。

あらためて考える

自分自身を100点とつけて、何をなすかを決めるのが私たちの意識の仕事です。
どれほどたくさん自分に欠点などがあっても、体はその間も全く休まず、できることをし続けているのです。
その働きの全ては100点の働きです。

あらためて自分に問うてみましょう。

自分自身に点数をつけるとしたら、あなたは何点をつけますか?

もし、そのとき自分の負の面も含めて100点をつけられたなら、おそらくあなたは謙虚です。

そして、苦手な人、合わない人も含めて他の人にも我慢するのではなく、嫌いな点は嫌いな点であったとして、それでも同じように100点をつけられたなら、あなたは自分をケアできる人なんだと思います。

自他共に100点をつけられるなら、自分も他者も意図的に傷つけるのは難しいことです。
自分にのみ100点をつけられるなら、他者との関係にケアが必要です。
他者にのみ100点をつけられるなら、自分のケアが必要です。
両者に100点をつけたまま、何かの犯罪をするならば、治療が必要です。

私はこのワークをよくやります。「とても100点をつけられない!」と自我が噴出し、自分と喧嘩することもあります。そんなとき自分の場合はきっとどこかに傲慢な所があるのでしょう。

でも、不思議と笑いが出ることもあります。

自己採点のワークで見つかる洞察は様々です。私の意見も参考程度にして、どんな自分や洞察に出会えるかを実験してみるのもまた一興です。
日によってはなぜかやりたくない日があることもあります。そんなときは「また次の機会に・・・」とやらない自分にも100点をあげてください。

今持っている情報を使って、人は完璧に生きている。ならば今持っている情報を使って、自分にも周囲にも新しい関係を作っていけるそんな探求を行ってみませんか?あなたが参加することで探求はきっとあなたと参加者に豊かさをもたらします。

ワークについて
ワークを受ける

新着記事を購読しませんか?

上の購読ボタンから登録することで、新しい記事が投稿されるとお知らせが届きます。メールアドレス不要で無料です。

関連記事

  1. 賢者は言った。

  2. 質の良い睡眠のために

  3. 姿勢や歩き方について

  4. 心のもつれをほどく

  5. 筋膜について

  6. 動きの秘密

  7. 「こり」や「痛み」が改善しない謎を解き明かす

  8. butではなくandで考える会話方法

その他の記事

  1. クラスの予定

    12月のクラスの予定
  2. コラム

    賢者は言った。
  3. ワーク

    背中が痛くなる姿勢からの脱出する方法
  4. クラスの予定

    1月のクラスの予定

おすすめの投稿

  1. コラム

アーカイブ

新着記事を購読しませんか?